「加計学園問題」安倍首相の関与あったのか!?

政治・経済ニュース

「加計学園問題」安倍首相の関与あったのか!?

2017年7月10日に行われた学校法人「加計学園」をめぐる閉会中審査で、
インターネット上の注目を集めたのは、
一連の疑惑を告発した前川喜平・前文科次官の発言ではなく、
愛媛県今治市への獣医学部誘致を進めた
加戸守行・前愛媛県知事の約20分間にわたる訴えだった。

加戸氏は旧文部省OBで、
愛媛県知事を1999年から2010年まで3期12年務めた。
今治市への獣医学部誘致をスタートさせた「当事者」で、
今回の閉会中審査では与党側の求めに応じて参院での審議に参考人として出席した。

前川喜平 前文部科学事務次官
「『総理のご意向』などと記された一連の文書は、
私の手元にあるものとまったく同じ。間違いなく本物です」

学校法人「加計(かけ)学園」をめぐる問題が新展開を迎えた。
加計学園が愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画について、
安倍晋三首相の「腹心の友」加計学園理事長、
加計孝太郎氏に便宜が図られたのではないかという疑惑が巻き起こっている。

出典 http://news.nicovideo.jp

加計学園問題で加戸守行前知事、国会で激白!

【加計学園】絶対に報道されない真実 

10年前に愛媛県知事として
今治市に獣医学部の誘致を申請した当時のことを思い出して、
はなもひっかけて貰えなかった問題が、
こんなに多くの関心を持って頂いていること、不思議な感じがいたします。

【須田慎一郎】前川喜平もう嘘をつけない!加計学園問題決着へ!

「前次官独占告白」の衝撃
今年1月まで文部科学事務次官、
つまり大学認可の権限を持つ文科省の事務方トップだった前川喜平氏が
『週刊文春』6月1日号の独占取材に応えて、
件の文書を「間違いなく本物」と証言した。

そして前川氏は5月25日に記者会見を開き、
文書に関して「私が在職中に作成され共有された文書で間違いない。
文科省の幹部に共有された文書で、自分も受け取った。
ちゃんと捜索をすれば出てくるはずだ。
あったものはなかったことにできない」と述べている。

出典 http://news.nicovideo.jp

獣医学部新設をめぐる経過を説明した上で、
加戸氏は、自身が訴えてきた獣医師の養成が進まない中で、
現在「今治は駄目、今治は駄目、加計ありき」と言われることについて
「何でかなと思ってしまう」との不満を漏らした。

「私は、加計ありきではありません。
たまたま、今治選出の議員と加計学園の事務局長がお友達だったから
この話が繋がってきて、飛びついた。
これもダメなんでしょうか。お友達であれば、全てがダメなのか」
と主張しました。
続く質問の答弁では、
「本質の議論がされないまま、
こんな形で獣医学部がおもちゃになっていることを甚だ残念に思う」とも述べた。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ