銀座に新名所複合施設誕生「GINZA SIX」!他にない高級感!!

その他のニュース

銀座に新名所複合施設誕生「GINZA SIX」!他にない高級感!!

「銀座が本来持っている力が発揮された結果だ」。
17日に開かれたオープニングセレモニーで来賓あいさつを行った安倍晋三首相は、銀座の地価動向についてこう語った。

先月発表された平成29年の東京都内の公示地価では、銀座の躍進が際立った。
都内商業地の上昇率トップ10のうち7地点を占め、
いずれも20~30%程度の高い伸びを示した。
昨年3月に開業した「東急プラザ銀座」などの新たな大型商業施設に、
多くの外国人観光客が訪れたことが押し上げ要因となった。

松坂屋銀座店跡地(中央区)が核の再開発地域に新設された複合施設
「GINZA SIX(ギンザ シックス)」は開業日の20日、
多くの買い物客でにぎわった。豪華な雰囲気の館内に緑あふれる屋上庭園。
「ザ・ギンザな印象」「子供連れでも楽しめる」との声があがった。
「ギンザ シックス」は森ビルなどが開発し、
オフィスも入る銀座エリア最大規模の延べ床面積約14万8700平方メートルの
複合施設。商業施設に入る241ブランドのうち121ブランドが旗艦店を構える。

出典 http://news.goo.ne.jp

インバウンド対策にも力を入れる。
24日に運用開始予定の1階の観光バス乗降所前には、
ツーリストサービスセンターの「ターミナル ギンザ」を設置。
スタッフは日英中の3カ国語で対応、外貨両替や免税カウンター、
手荷物一時預かりがある。

同センターの女性スタッフ(36)は、
「開店から4時間ほどで約50人が来た。中国からの方が多く、
館内の案内のほか『観光地にどう行けばよいか』と質問があった」という。
川越市の元飲食業、
佐々木郁夫さん(69)は「地方から大きなキャスターで来た日本人来館者にも荷物一時預かりがあると便利」と指摘した。

開店直後から多くの人が散策していた屋上庭園は、
4千平方メートルと銀座エリアで最大。約半分に樹木を植栽し、
緑地になっている。

東京・銀座は、再開発に伴う集客施設の相次ぐ誕生により、
商業地としての価値が急速に上昇している。その中で“真打ち”ともいえる存在が、
森ビルなどが運営するギンザ シックス。
外国人観光客を中心とした新たな人の流れを作り出すことで、
銀座のさらなる価値向上に寄与するとみられるからだ。

「銀座が本来持っている力が発揮された結果だ」。
17日に開かれたオープニングセレモニーで来賓あいさつを行った安倍晋三首相は、銀座の地価動向についてこう語った。

出典 http://www.sankei.com

同施設は地下6階、地上13階建て。
店舗が入居する商業フロアを吹き抜けとすることで、
開放感のある空間を演出したほか、
来店客が上層階に視線を向けて広く回遊するよう工夫した。

出店する241店舗のうち、旗艦店との位置づけの店舗が121店。
日本初となるブランドは
カナダ発のスポーツウエアブランド「ルルレモン」など12店。
65店の新業態も導入し、商業施設が立ち並ぶ銀座でも希少価値をアピールする。

訪日外国人を意識したサービスも充実させた。
1階の「ターミナル ギンザ」は観光バスの乗降所につながり、
観光案内や外貨両替、手荷物の一時預かりなどのサービスをまとめて提供する。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ