トラブルを避けるためやっとという感じで「民泊」届け出義務づける法案 閣議決定!

政治・経済ニュース

トラブルを避けるためやっとという感じで「民泊」届け出義務づける法案 閣議決定!

外国人観光客などに有料で住宅を貸す「民泊」を行う際、
都道府県への届け出を義務づけるなどのルールを定めた、
いわゆる『民泊新法』の法案が10日、閣議決定された。
宿泊日数の上限は年間180日までだが、
自治体が条例で短くすることもできる。

出典 http://www.news24.jp

住宅の空き部屋を旅行者に有料で貸し出す「民泊」は、
地域を限定して規制緩和を行う「国家戦略特区」で認められているほか、
カプセルホテルなどと同じ「簡易宿所」として
都道府県などの許可をとれば営業できます。
しかし、無許可で営業を行う「違法民泊」が各地に広がり地域住民との間で
騒音などのトラブルが起きているため、
政府は、民泊のルールや罰則を定めた新たな法律案をまとめ、
10日朝の閣議で決定しました。
法律案では「民泊」を行う場合には、都道府県への届け出を求め、
部屋の衛生の確保や宿泊者名簿の作成、
それに宿泊者に対する騒音防止の説明などを義務づけます。
また、ホテルや旅館と区別するため年間の営業日数は
180日を上限としたうえで、
都道府県や政令指定都市などが条例でさらに日数を短くすることも認めています。違反があれば国土交通省や都道府県が立ち入り検査などを
行って業務の改善を命令し、
従わない場合は罰金などを科すことも盛り込みました。

住宅の空き部屋などを有料で貸し出す「民泊」について政府は
10日の閣議で都道府県に届け出を義務づけ、
年間の営業日数は180日を上限にすることなどを盛り込んだ
新しい法案を決定しました。

出典 http://www3.nhk.or.jp

2017年3月10日(金)、
政府は自宅の空き部屋や空き家などを旅行者に貸し出す「民泊」について
定められた「住宅宿泊事業法案(民泊新法案)」を閣議決定しました。
民泊新法が施行されれば、年間営業日数の上限は180泊となり、
家を貸し出す側である家主は各都道府県に届け出を行う必要があります。

出典 http://gigazine.net

10日に閣議決定されたのは、民泊のルールや罰則を定めた「住宅宿泊事業法」、
いわゆる民泊新法の法案です。
民泊サービスのマッチングサイトについても、
仲介業者として観光庁への登録が必要になる。
国や自治体は立ち入り検査を行って業務改善を命令することも可能となります。
菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、
訪日外国人の宿泊ニーズが多様化している中で、
トラブルが社会問題になっていることもあるのも事実で、
一定のルールを定める法律によって民泊の健全な普及が図り、
訪日旅行者の利便性や快適性が高まることを期待したいという事です。

良い情報 知りたい人は↓↓をクリック↓↓

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ