AIも活用したうごく、しゃべる、並列化する攻殻機動隊1/8「タチコマ」!

その他のニュース

AIも活用したうごく、しゃべる、並列化する攻殻機動隊1/8「タチコマ」!

家電ベンチャーのCerevoは3月23日、
アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズに登場する小型多脚戦車「タチコマ」を
約8分の1のサイズで再現した「うごく、しゃべる、並列化する。
1/8 タチコマ」の予約販売を始めた。
スマートフォンアプリで脚や車輪を遠隔操作できるほか、音声認識機能を備え、
ユーザーと自然な会話が楽しめるという。価格は15万7400円(税別)。
発送は6月の予定

出典 http://www.itmedia.co.jp

予約を受け付け、6月に発送する予定。価格は、通常版が15万7400円、一部にアルミ削り出し部品を採用した限定版が17万7400円(ともに税別)。
原作に登場する多脚戦車を1/8サイズで再現したスマートトイ。
サイズは352(全長)×391(全幅)×249(全高)ミリ。
バッテリーで約6時間駆動する。

出典 http://news.infoseek.co.jp

1/8タチコマは、アニメやゲーム、映画などの作品中に登場するアイテムを、
家電のテクノロジーを用いて現実世界に可能な限り再現するCerevoのプロジェクト「S2R(From screen to the real world)」の第2弾として
開発した製品です。
自然言語でタチコマと会話できる音声認識機能、
原作における「並列化」といった世界観を再現したほか、
スマートフォン操作による走行機能も備えます。

Googleカレンダーと連携してユーザーのスケジュールを読み上げたり、
天気予報を教えてくれたりする機能もあります。
何か質問すると、Wikipediaを使って調べてくれる。
本体サイズは約352(幅)×約249(高さ)×約391(奥行き)ミリ、
重量は約1.5キロ。バッテリー駆動時間は約6時間です。

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発を手掛ける株式会社Cerevoは、
アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」(製作: 攻殻機動隊製作委員会)に登場する
多脚戦車タチコマの1/8モデル(商品名’うごく、しゃべる、並列化する。
1/8タチコマ’ 以下、1/8タチコマ)の予約受付を3月23日に開始します。
直販ストア「Cerevo official store」の価格は157,400円(税別)で、
お届けは6月の予定です。

出典 http://info-blog.cerevo.com

攻殻機動隊「タチコマ」

出典 http://image.itmedia.co.jp

タチコマは、人工知能(AI)を搭載し、4本の脚と2本の腕、
機関銃などを装備するという架空の兵器。
新商品は、脚部や物をつかむ腕(マニピュレータ)などに15個のサーボモーターと
6個のDCモーター、計21個のモーターを備え、電動駆動する。
作中で主人公の少佐たちが乗り込む背部のポッド部分も左右に振れるほか、
目に相当する映像センサーも上下左右に動く。

攻殻機動隊「タチコマ」

出典 http://storage.mantan-web.jp

あるタチコマが記憶したことを、
別のタチコマも共有するという作中のタチコマの機能「並列化」も再現している。
例あるユーザーが自分のタチコマに「レモンは甘いんだよ」と教えると、
Cerevoのサーバ上で、レモンの画像と「甘い」という追加情報を結び付ける。
その後他ユーザーのタチコマにも情報が共有され、話すようになるという。
また話しかけるだけで天気予報やGoogleカレンダーと連携したスケジュールをタチコマがしゃべって教えてくれるネット連携機能を搭載している。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ