【悲惨】なぜ起きたこんな事故!長野で「ヘリ墜落」9人全員死亡!!

その他のニュース

【悲惨】なぜ起きたこんな事故!長野で「ヘリ墜落」9人全員死亡!!

長野県松本市の鉢伏山に県の消防防災ヘリコプターアルプスが墜落し
9人が死亡した。
ヘリコプターは山岳遭難救助の訓練のため、
5日午後1時半ごろに松本空港を飛び立ち、
その後約15分後に無線での応答がなくなった。
県警は同日、松本署に捜査本部を設置し、現場検証した。
木が倒れていた場所は墜落現場北側で、現場より標高が高い斜面です。
訓練予定地の高ボッチ山に向かう途中で
何らかの理由で回転翼が木に衝突したとみられる。パイロット岩田正滋さん(56)の死因は心臓・大動脈損傷、
消防隊員甲田道昭さん(40)は全身打撲による多発外傷で、
2人とも即死という事だった。

長野県松本市の鉢伏山(1929メートル)に県消防防災ヘリコプター
「アルプス」が墜落し9人が死亡した事故で、
墜落現場近くの尾根側の山林に機体が接触したと
みられる痕跡があることが7日、捜査関係者への取材で分かった。
木が倒れ、周辺に機体の一部とみられる破片が落ちているという。
ヘリ回転翼が木に接触した可能性があり、県警が調べている。

出典 http://mainichi.jp

長野県の山中で消防隊員9人が乗った県の防災ヘリが墜落した事故で
新たに6人が心肺停止の状態で見つかりました。
現地上空からヘリで中継しています。

長野県の山中に県の消防防災ヘリコプター「アルプス」が墜落し
消防隊員ら搭乗員9人全員が死亡した事故で、
現場付近の尾根側の木に機体が接触したような痕跡があったことが7日、
県警への取材で分かった。
県警は墜落経路を特定する手掛かりになるとみて、
機体や周辺の状況を詳しく調べる。

出典 http://www.nikkansports.com

木が倒れていた場所は墜落現場北側で、現場より標高が高い斜面。
訓練予定地の高ボッチ山に向かう途中で何らかの理由で回転翼が
木に衝突したとみられる。
県警はこうした痕跡や、隊員のヘルメットに付いていた
小型カメラで撮影された映像の分析を進める。

長野県松本市と岡谷市にまたがる鉢伏山(1929メートル)に、
県の消防防災ヘリコプターが墜落し、消防隊員ら9人が死亡した事故で、
運輸安全委員会の航空事故調査官が7日午前、
墜落現場に入り現地調査を行った。
機体の破損の状態や周辺の木の折れ方を確認するなど
原因究明を本格化させる。

出典 http://www.jiji.com

訓練という事で、訓練風景を撮影するために、
カメラをヘルメットに装着していたので、
離陸時から録画されており、録音機能はあるが、音声は入っていないということだ。
しかし、この映像で優秀な警察によって殆ど原因究明が進められるだろう。
訓練中なのに何故このような悲惨な事故が起きたのか?そしてこれから起きないようにするにはどうすればいいのか?
どちらにしても原因究明をすれば、全て分かる事だろう。

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ