消費増加を目的とした「プレミアムフライデー」果たして成功するのか!?

政治・経済ニュース

消費増加を目的とした「プレミアムフライデー」果たして成功するのか!?

月末の金曜日に仕事を早く切り上げて消費を促す
「プレミアムフライデー」が2月24日始から始まった。
旅館や百貨店など県内企業も限定商品を打ち出すなど着々と準備を進められた。
小売りやサービス業界には期待が広がるが、
各企業が早上がりの動きは表だって見られないようなので、
動向は見えにくい状況です。
「プレミアムフライデー」は毎月末の金曜日に定時より早い
午後3時をめどに退社を促し、消費を喚起する促す試みだが、
関東経済産業局によると、経済産業省にロゴマーク使用を申請した企業・団体は
20日現在、全国で2990件、県内は38件となっているらしい。

各企業のイトーヨーカ堂、三越伊勢丹ホールディングス、いなげや、 
吉野家ホールディングス、大和ハウス工業などは、積極的に
この制度を導入しているが、果たして庶民にどこまで浸透していくのか?
早上がりが県内で広がるかは今のところ不透明です。
県経営者協会や県経済同友会には、そうした会員企業の動きは入ってきていない
といっている。

月末の金曜日に仕事の早帰りを促す「プレミアムフライデー」が24日、
初めて実施される。
東北各地の百貨店などは限定プランを続々と打ち出した。
企業や自治体の職場では「実際には早帰りは困難」との声があがる一方、
繁忙期を避けるなど工夫して実施を促す企業もある。
消費喚起への期待や働き方改善に向け、
まずは手探りのスタートとなりそうだ

出典 http://www.nikkei.com

毎月末の金曜日に早期帰宅を奨励し、
消費喚起を促す「プレミアムフライデー」が24日から始まる。
午後3時以降に多くの人が訪れることを期待して、
小売りや外食各社はお買い得商品の品ぞろえを増やすなど準備を進める。
バレンタインやハロウィーンなどのようなイベントに
育っていくのかに注目が集まる。

出典 http://www.nikkei.com

毎月最終金曜日に退社を早める「プレミアムフライデー」が
今日2月24日から始まる。
週末の旅行や買い物などを充実する狙いだが、
低迷する消費の起爆剤になるのでしょうか?

銀座ではどうにか消費を盛り上げたいという想いから
大きな宣伝幕が百貨店に掲げられています。

働いている人には大いに関係があるが、
働いていない人には全く関係ないのではないか?
消費を促すと言っても、それは働いている人にとっては
自由な貴重な時間が増えるのだから
旅行など消費を考えるかもしれないが、
働いていない人にとっては、時間は今でも
いっぱいあるのではないか。
いや、一概にそういえないか。
サラリーマンをご主人に持つ奥さんは関係してくるか!

毎月末の金曜日の仕事を午後3時に切り上げることを勧める
「プレミアムフライデー(PF)」が24日、初めて実施される。
「働き方改革」を進めつつ、消費拡大にもつなげる官民の取り組みだ。

出典 http://www.asahi.com

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ