「糸魚川大火災」がれき処理費を所有者の負担は2割からゼロへ検討!政府方針!!

政治・経済ニュース

「糸魚川大火災」がれき処理費を所有者の負担は2割からゼロへ検討!政府方針!!

大火災当初の市の発表

大火災当初に市の発表

出典 http://nordot-res.cloudinary.com

大火災当初に市の発表

出典 http://2ch-tamo.chu.jp

新潟県糸魚川市中心部の大火で、
私有地のがれき処理を市が主導し撤去費用の大半を負担することが27日、
決まった。
同日の市議会で関連費用を含む補正予算案が可決された。

火災で発生した私有地のがれき撤去の費用は個人負担が一般的で、
異例の対応という。
米田徹市長は「市がまとめてがれき処理をした方が
(再建が)スムーズに進むため」と説明した。

市によると、撤去費用のうち20%を上限に、被災者に対し負担を求めるという。業者は市が選定し、所有者の同意を得られ次第、処理を始める。
撤去は当初、年内完了を目指していたが、年越しする見通し。
1世帯当たり10万円の見舞金や、日常生活品の調達のため別途10万円も支給する

出典 http://www.nikkei.com

住宅や店舗が焼けた地域
住民などがおとずれる

寺島淳子さん
進学で離れるまで暮らしていた
実家は全焼!

大火から5日
私有地のがれき撤去費用、市が補助する
方針を決めた。

道路以外の敷地のがれきはなお残っている。
糸魚川市は復興に向けてすみやかにがれきを
撤去する必要がとして
民間の土地のがれきも所有者の代わりに撤去する方針を
決定した。

糸魚川市の会見では
「一体的になってがれきを処理しましょう」
市として呼び掛けていく事になる。

山本公一環境相は6日の記者会見で、
新潟県糸魚川市の大火で発生したがれきの処理費用について、
全額を公費で賄い、
住民負担をなくす方向で県や市と調整していることを明らかにした。
火災で出た私有地のがれきの処理費用は個人負担となるのが通例で、
実現すれば異例の対応となる。
環境省によると、自然災害の場合と同様、
国が補助金と地方交付税で9割を手当てし、
残りを地元自治体が賄うことを検討。山本氏は「市に寄り添い、
全力で支援したい」と述べた。
一方、内閣府担当者は6日、大火を激甚災害や局地激甚災害に指定し、
復旧事業費の補助率引き上げなどを行うのは難しいとの見通しを示した。

出典 http://www.kahoku.co.jp

自民党の二階俊博幹事長は31日、大火で被災した糸魚川市を視察し、
がれき処理にかかる費用の個人負担をゼロにする方向で
検討する考えを明らかにした。
がれき処理費をめぐっては、市は原則として8割を負担し、
所有者の負担は2割を上限にする方針を示していたが、
二階氏の発言はさらに踏み込んだ。国、県、市が負担割合の調整を急ぐ。

出典 http://www.niigata-nippo.co.jp

がれき処理費用は
政府の方針で住民の負担は2割から0になることは
いいことに違いないが、

その費用はいくらかかるかわからないし
すべて税金であることも忘れてはならない。

道路以外のがれき

道路以外のがれき

出典 http://www.niigata-nippo.co.jp

道路以外のがれき

出典 http://www.asahicom.jp

道路以外のがれき

出典 http://media.image.infoseek.co.jp

1

関連記事

タグ

月別アーカイブ