大阪ミナミで「一気飲み」のホストが死亡!「一気飲み」は危険!!

その他のニュース

大阪ミナミで「一気飲み」のホストが死亡!「一気飲み」は危険!!

大阪・ミナミのホストクラブで、
一気飲みで急性アルコール中毒となった男性従業員のホスト=当時(21)=に適切な救護措置を取らず死亡させたとして、
大阪府警南署が業務上過失致死の疑いで、
店の責任者ら2人を書類送検したことが12日、
捜査関係者への取材で分かった。
捜査関係者によると、男性は2012年8月、
大阪市中央区のホストクラブで接客中にテキーラなどを一気飲みして倒れ、急性アルコール中毒で死亡した。
責任者ら2人は男性が倒れたのにすぐに救急車を呼ぶなどの救護措置を取らず、死亡させた疑いがあり、
南署は昨年12月に書類送検した。

出典 http://www.nishinippon.co.jp

衝撃事件の核心

衝撃事件の核心

出典 http://www.sankei.com

衝撃事件の核心

出典 http://www.sankei.com

衝撃事件の核心

出典 http://www.sankei.com

衝撃事件の核心

出典 http://www.47news.jp

21歳ホスト「今月は死ぬ気で!」
テキーラ一気飲みで死亡”極貧生活”の
哀愁にじむ「飲酒コール」ノート

「今夜もきました!素敵な姫が ホストが
届けるシャンパンコール 乾杯、乾杯、乾杯だ~!」。
拍手と嬌声がこだまする大阪、ミナミのとあるホストブ。
コールにあおられて一気に飲み干したテキーラが、
まだ21歳の若者の命を奪った。多量の飲酒で昏倒するような
事例が相次いでいたのに、店側が安全配慮義務を怠ったとして、
急性アルコール中毒で死亡したホストの男性の両親が、
干してクラブと経営者らに約8600万円の損害賠償を求めて、
大阪地裁に提訴した。

両親の手元には、男性が覚えようとした「飲酒コール」を
いくつも書き連ねたノートが残され、なお哀愁がにじむ。

一気飲みは業務か、自己責任か。

5杯を一気直後、激しく嘔吐

今から約3年前の平成24年8月1日午前6時。
すっかり世も明け、外に出れば出勤途中のサラリーマンに
出くわす時間帯だ。ミナミのホストクラブでは、
勤務を終えたホステスらをターゲットに、
早朝営業の真っ最中だった。

一気飲みは絶対だめ!

イッキ!イッキ!イッキ!などの
掛け声で、それに合わせて自分の許容量以上に大量のアルコールを
短時間に摂取すると、血中アルコール濃度が急激に上昇して、
泥酔、昏睡の状態にまで進んでしまい、場合によっては、
呼吸困難などの危険を引き起こします。
これが急性アルコール中毒です。

未成年者やアルコールに馴れていない20歳そこそこの若者は、
肝臓のアルコール分解酵素が十分でなく、アルコールを
大人とおなじペースでは分解できません。
少量の飲酒でも血中アルコール濃度が急激に上昇して、
急性アルコール臭毒になるのです。

急性アルコール中毒で病院に運ばれている人は非常に多く、
東京都内だけでも年間1万人以上の人が
救急車で運ばれています。

アルコールによる体の変化を知ることが大事です。

5年前、大阪・ミナミのホストクラブで、
いわゆる一気飲みを繰り返した従業員の男性が急性アルコール中毒で死亡し、警察は、店の責任者らがすぐに救急車で病院に運ぶなどの適切な措置を取らなかったとして、業務上過失致死の疑いで書類送検しました。

平成24年8月、
大阪・ミナミにあったホストクラブ「ブラックパール」で、
ホストとして働いていた田中裕也さん(当時21)が、
いわゆる一気飲みを繰り返して意識がもうろうとなり、
急性アルコール中毒で死亡しました。

警察のその後の調べで、店の責任者らは、
田中さんが倒れてもすぐに救急車を呼ばず、
病院に運ばれたのは2時間以上あとだったことがわかったということです。

この店では、ホストが接客で、テキーラなどアルコール度数の高い酒を何度も一気飲みしていたということです。

出典 http://www3.nhk.or.jp

アルコールハラスメント(アルハラ)の定義

アルコールハラスメント(アルハラ)の定義

出典 http://prt.iza.ne.jp

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ