2月5日「千代田区長選」小池知事VSドン代理戦争!小池知事に勝ってほしい?!

政治・経済ニュース

2月5日「千代田区長選」小池知事VSドン代理戦争!小池知事に勝ってほしい?!

2月5日に投開票の東京・千代田区長選挙。2017年の夏に予定されている都議会選挙の前哨戦とも位置づけられ、小池都知事、そして都議会自民党のドン、この2人の「代理戦争」の幕開けとなるとみられる。
13日午後、会見で、2月5日に行われる千代田区長選への出馬を表明した与謝野 信(まこと)氏(41)。
信氏は「このたび、千代田区長選に立候補することを決意した与謝野 信です」と述べた。
「都議会のドン」と称される都議会自民党の内田 茂都議が応援する候補者となっている。
しかし、金融関係の会社員で、政治経験は、全くのゼロ。
信氏は「千代田区は、おじ、与謝野 馨が長年、ご支援いただいた地であり...」と話した。
信氏は「君死にたまふことなかれ」の歌で知られる明治時代の歌人・与謝野 晶子氏と鉄幹氏の子孫で、元財務相の与謝野 馨氏のおいにあたる。

出典 http://www.fnn-news.com

東京都連の内田氏

千代田区長選に敗北したら引退?
それほど千代田区長選は内田氏にとって
大事な選挙ということです。

千代田区長が激白「小池氏と考え方近い」!
自民都連支援候補”勝ち目無し”と辞退か!?

東京都の小池百合子知事と、「都議会のドン」こと
内田茂都議による”代理戦争”が混とんとしている。

自民党都連が支援を検討していた中央大学の佐々木信夫教授が
出馬を辞退したのだ。

ただ、同区はドン・内田氏の地盤であり、自民党としては
不戦敗は絶対に許されない。

「都議会のドン」こと内田茂都議が、7月までの人気で
引退する可能性が出てきた。自民党東京都連が夏の都議選に
むけてまとめた1次公認名簿に内田氏が入っていない事が、
夕刊フジが入手した資料でわかった。

自民党の東京都連が、2月5日に行われる千代田区長選に
与謝野氏のおいを擁立する方針を固めました。

千代田区は内田元東京都連幹事長の地元です。
ですから内田氏はどうしてもこの選挙は負けられない。

与謝野 信氏は民間の金融機関に勤めていて
政治経験は全くありません。

ということは与謝野馨元財務相の名前を利用しての
選挙ということになる。

小池百合子東京都知事(64)と“都議会のドン”こと自民党東京都連の内田茂前幹事長(77)の“代理戦争”ともいわれる千代田区長選(29日告示、2月5日投開票)がゴング前からヒートアップしている。
自民党都連推薦で立候補する与謝野馨元財務相(78)のおいっ子である与謝野信(まこと)氏(41=無所属)が13日、出馬会見を開いた。
小池陣営が恐れるドンの戦略は?

出典 http://news.livedoor.com

任期満了に伴う千代田区長選(来年1月29日告示、2月5日投票)に、
石川雅己区長(75)が8日、5選を目指して無所属で立候補すると表明。
小池百合子知事の支援を受けると明らかにした。

区長選では小池知事が「都議会のドン」と批判した
同区選出の内田茂・自民都議らも候補者選考を進めている。
都知事選から続く小池知事、内田都議の代理戦争の様相を呈す区長選は、
来夏の都議選の前哨戦にもなる。

出典 http://www.sankei.com

千代田区長選は夏の都議選を占う選挙と言ってもいいだろう。

小池知事VSドン代理戦争!

しかし小池知事はまだ自民党員なので、小池知事の本当の狙いは
別の所にあるような気がする。

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ