とても50歳には見えない「君島十和子」さんの美の秘密!

芸能ニュース

とても50歳には見えない「君島十和子」さんの美の秘密!

君島十和子さんとは

日本の実業家。元女優・元モデルで、旧姓・吉川(よしかわ)。
東京都豊島区出身。日本女子大学付属高等学校卒業 。
映画・テレビなどにおける女優活動を経て、
君島明(当時の名。佐藤明から改名、その後さらに君島誉幸と改名)
との婚約を発表、
それをきっかけに起きた様々な混乱の中、芸能界を引退した。
舅である君島一郎 (デザイナー)が遺した法人の
厳しい経営などにも関与しつつ二児を出産、子育てを行った。
自身の活動を通じてファッション誌や女性誌に取り上げられるようになり、自身の名を冠した洋服や化粧品のブランドプロデュースも行っている。
長女の憂樹は蘭世惠翔(らんぜ けいと、宝塚歌劇団102期生)。

出典 http://ja.wikipedia.org

5時に夢中 2016年11月15日 20161115 君島十和子

ゲストコメンテーターは君島十和子さんです。

宜しくお願いします。

司会者が言う
「だれですが?掃き溜めに鶴といったのは!
こんな番組に出場してくださって、ありがとうございます。」

君島十和子さんは
1966年東京生まれ 奇跡の50歳
元女優で二女の母
19歳の時、JALのキャンペンガールとして
芸能界デビュー 女優・モデルとして活躍

29歳で君島誉幸氏と結婚し世間を賑わせる。


先週の同窓会にこの番組「5時に夢中」に出ることを言ったら
皆に楽しみにしていると言われたとか。

君島十和子さんの本の紹介
十和子50になりましたと言って
本の題名は十和子道!

「こんにちは、君島十和子です。2016年5月30日に50歳になりました」。
『十和子道』(君島十和子/集英社)の表紙を飾るのは、
くっきりとした目元でヴィーナスのように微笑む著者本人だ。
「美を育むのは、
メイクやコスメではなく生き方そのもの――その“生き方”を知りたいと密着取材した」のが本書である。帯には「“奇跡の50歳”のライフスタイルを初公開!」
とあるように、衣装はオール私服。
実際に使用しているコスメやバッグなどの私物はもちろん、
キッチンの収納からクローゼットの中に至るまで、
まさに君島家のすべてが本書では公開されている。
身長165cm、体重46.5kg、体脂肪率16%のスリムな体をキープするため、
家では家政婦を雇いエステ三昧の日々――と思われがちだが、
その答えはすべてNO! 収録されている400点の写真では、
著者が仕事も家事も休む間もなく奮闘する様子を垣間見ることができる。
しかも驚くべきは、家事のクオリティ。
そんじょそこらの主婦とは比較にならない、プロ級レベルであることだ。

出典 http://ddnavi.com

元女優で現在は実業家の君島十和子さんが11月15日、
「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演した。
50歳になったというが体型は女優時代と変わらず、
その姿からは肌、爪、髪とスキなく手入れしていることがうかがえた。
ネットでも「いくら何でもきれいすぎる」「美しいなぁ~」
「こんなかわいい50歳いるんだ!」と美しさを称える声が続出。
番組MCのふかわりょうも「枯れる雰囲気がいっさいないですね!」と
絶賛した。
君島といえば、
思い浮かぶのは世界的なデザイナーの故・君島一郎が
築いた君島ブランドを巡るお家騒動だ。
その後、君島ブランドは失墜し、
十和子さんが嫁いだ君島誉幸氏に多額の借金があることなどが報じられた。


出典 http://asajo.jp

ごきげんよう 君島十和子 前田典子 11月7日

60秒でわかる君島十和子

1966年5月30日東京生まれ
皆が認める可愛い女の子だった。

高校時代に突如女子大生ブームに
大学生になったらコンパニオンになりたいと
キャンペンガールのオオディションに応募した。

そして見事合格、キャンペンガールとして芸能界デビューを果たす。

その後十和子さんはJJ専属モデルとして活躍した。

姑から受け継いだ「働く女性への理解と尊敬、愛情」という財産

十和子さんの美の秘訣を伝授

君島十和子が美まつ毛の秘密を公開中!
エイジレス肌は日々の努力の賜物!

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ