稲田防衛相が靖国神社参拝「稲田朋美」と記帳!

政治・経済ニュース

稲田防衛相が靖国神社参拝「稲田朋美」と記帳!

稲田防衛大臣が今朝、九段北の靖国神社を参拝しました。

今年8月に防衛大臣に就任してから初めてです。

稲田防衛大臣は
「真珠湾に総理が行かれ慰霊の言葉を述べられた
そういったことも報告し未来志向に立ってしっかりと
日本と世界の平和を築いていきたいという想いで参拝いたしました。」

稲田防衛大臣は安倍総理大臣とともに
ハワイの真珠湾を訪問しきにう帰国したばかりです。

これまでは8月15日の「終戦の日」などに参拝していましたが、
防衛大臣就任後の今年8月は自衛隊の部隊視察でアフリカに出張して参拝
しませんでした。

稲田朋美防衛相は29日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。
稲田氏の参拝は今年8月の防衛相就任後初めて。
安倍晋三首相が米ハワイの真珠湾をオバマ大統領と慰霊のために
訪れた翌日の参拝となった。
靖国神社には極東国際軍事裁判(東京裁判)の
A級戦犯が合祀されており、中韓両国から批判や懸念の声が出た。
首相は神奈川県茅ケ崎市のゴルフ場で記者団の質問に
「ノーコメント」と述べた。
韓国外務省は「嘆かわしい」との報道官論評を発表し、
韓国国防省も憂慮を表明した。
中国メディアは批判的に報じた。

出典 http://www.daily.co.jp

稲田防衛大臣の靖国神社参拝をうけて
中国と韓国は批判しています。

中国は共産党系「環球綱」は
稲田防衛大臣の靖国神社参拝を速報で
「和解と言った途端に”鬼”を参拝」と批判しています。
中国では旧日本軍を”鬼”と呼んいる。

また中国外務省が今村復興大臣の参拝にたいし、
「日本の内閣の一員による参拝は断固として反対」だと
強く反発している。

稲田防衛大臣 靖国神社 29日朝参拝

28日に安倍総理らとともにハワイで
真珠湾攻撃の犠牲者への慰霊を行った稲田防衛大臣が、
29日朝、靖国神社を参拝しました。

「防衛大臣である稲田朋美が一国民として参拝した
ということです。いかなる歴史観に立とうとも、
いかなる敵、味方であろうとも、祖国のために命を
ささげた方々に対して感謝と敬意と追悼の意を表すのは、
どの国でも理解をしていただけるものと」
(稲田朋美防衛大臣)

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ