電通社員過労自殺を受けてブラック企業を無くすために「厚生労働省」がとった行動のまとめ!!

政治・経済ニュース

電通社員過労自殺を受けてブラック企業を無くすために「厚生労働省」がとった行動のまとめ!!

厚生労働省は26日、電通社員過労自殺を受けて
緊急の長時間労働対策を発表しました。

ブラック企業(法律違反を繰り返した企業)の
名前を広く公表するために
過労死・過労自殺の労災認定と違法な長時間労働が
複数の事業所で確認された場合などと対象を拡大するとした。
また公表基準を月100時間超から50時間超に引き下げた。

企業名公表 対象を拡大へ 厚労省、電通自殺受け緊急対策

要件を見直して拡充するということで
早めに企業の名前を公表することによって、
警告を発する。

塩崎厚生労働大臣は
昨年12月25日、電通で働いておられた入社1年目の女性の
職員でありました高橋まつりさん、ちょうど昨日で1周忌を
迎えるということになりましたが、
労働時間を適正に把握するということが基本中の基本だと
いうことです。

是正指導段階での企業名公表制度、これは総理の指示で導入
したが、これまで残念なことにその件数は1件にとどまっている。

もっと要件を見直して拡充をすることで早めに企業に名前を
公表することによって警告を発する。

電通社員高橋まつりさんの過労自殺から1年
母親が手記
まつりさんの母 美幸さんの手記

”母親なのにどうして娘をたすけられなかったのか
公海しかありません”

”去年の12月25日クリスマス・イルミネーションで
きらきらしている東京の街を走って警察署へむかいました
嘘であってほしいと思いながら・・・”

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ