【衝撃】還暦過ぎても可愛い「阿川佐和子」さん、結婚かwww??

芸能ニュース

【衝撃】還暦過ぎても可愛い「阿川佐和子」さん、結婚かwww??

阿川佐和子さんとは?

タレント、エッセイストとして活躍している阿川佐和子さん(63)
「聞く力」は累計150万部以上を売り上げて大ヒットした。

檀ふみさんとはお父さんが同じ作家という事もあって本当に仲が良く
二人とも結婚していません。

テレビで人気の「ビートたけしのTVタックル」でのハッキリとした物言いや、エッセイや対談では老若男女全てに好感度の高い。
63歳には見えないそのスタイルの良さや肌の綺麗さ。
実年齢よりずいぶん若く見えます。
品の良さや育ちの良さもあります。

1953年11月1日に作家である阿川弘之の長女として東京都に生まれました。

そんな阿川佐和子さんは、
阿川佐和子さんはお見合い歴30回と言っていましたが、結婚できない女として
独身生活をしてきました。しかしここへきてついに結婚話が浮上しました。

阿川 佐和子(1953年11月1日生)は、日本のエッセイスト、タレント。

作家阿川弘之の長女として東京都に生まれる。幼少期(2歳)の1年間は広島市の伯母宅で育った。その後、東京の中野区鷺宮、新宿区四谷へと移る。
東洋英和女学院中学部・高等部を経て、慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業。卒業後は織物職人を目指し、様々なアルバイトを経験する。

1981年(昭和56年)、『朝のホットライン』でリポーターを務めたことを皮切りに、1983年(昭和58年)より報道番組『情報デスクToday』のアシスタントを、1989年(平成元年)からは『筑紫哲也 NEWS23』のキャスターを務めた。
1992年(平成4年)米国ワシントンへ渡り、帰国後『報道特集』のキャスターとなる。

出典 http://ja.wikipedia.org

【衝撃】阿川佐和子63歳、ついに結婚へ!驚きの結婚相手とは?

阿川佐和子さんがついに結婚することがわかりました。
その驚きに結婚相手とは?

「お互い喪中ですし、(すぐには)わかりませんけどね。
まだ入籍はしていません。
区役所に聞いていただければわかりますよ。
もう、寒いんだからいいじゃない!(笑)」

阿川佐和子63歳、とうとう結婚宣言!超意外な結婚相手とは?

「お互い喪中ですし、(すぐには)わかりませんけどね。まだ入籍はしていません。区役所に聞いていただければわかりますよ。もう、寒いんだからいいじゃない!(笑)」
東京に木枯らし1号が吹いた11月9日。本誌の直撃に、阿川佐和子さん(63)は満面の笑みで応じた。作家の阿川弘之を父に持ち、自身もタレント、エッセイストとして活躍。2012年に刊行した 『聞く力』は累計150万部以上を売り上げ、大ヒットした。
「お見合い歴30回」を公言するなど、「結婚できない女」の先駆けとして、独身生活を貫いてきた阿川さんだが、ついに結婚話が浮上。
お相手は、6歳年上のS氏だ。2013年に定年退任するまで、阿川さんの母校・慶應義塾大学の教授を務めていた。
真相を問うため、本誌が阿川さんを直撃したのが冒頭の様子。翌朝、今度はあらためてS氏に話を聞いた。
「(入籍についての話は)出ていますね。どちらからともなく、自然発生的に」
将来、入籍する意思については、「急いではいませんが……はい」と、結婚を明言したのだった。

出典 http://www.excite.co.jp

阿川佐和子インタビュー 「聞く力」

『聞く力』(文春新書)がベストセラーになったことで知られるエッセイストの阿川佐和子さん(63)に結婚話が浮上し、驚きの声が広がっている。

2016年11月15日(首都圏など)発売の「FLASH」11月29・12月6日号によると、
お相手とされたのは、定年になる13年まで慶大教授を務めた6歳年上のS氏。
同誌は、14年に週刊新潮がツーショット写真を掲載した「白髪紳士」と同一人物とみている。
一方、阿川さんは報道を受け、「入籍なんぞ、しておりません」とコメントを発表。今後については「それは人生どこでどうなるか未知のものですから明言はできませんけれど」と含みを残している。

出典 http://www.j-cast.com

聞く力
聞く力

ビートたけしも脱帽

1

関連記事

タグ

月別アーカイブ