ライデン国立民族学博物館で江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎の絵画6点見つかる!

その他のニュース

ライデン国立民族学博物館で江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎の絵画6点見つかる!

オランダのライデン国立民族学博物館とは?

国立民族学博物館とは、ライデン市にあるオランダ国立の民族学に関する博物館である。この機関は当初日本博物館と呼ばれていた。ヨーロッパではじめて、自然のものではなく人工物を蒐集の対象とした博物館で、そのようなコレクションが単なる好奇によるもの以上になることを示す革新的な博物館であった。設置当初から、すくなくとも蒐集・科学的研究・公衆への展示・教育的解説の四つの方針を据えていた。

出典 http://ja.wikipedia.org

ドイツ人医師、シーボルトが日本に西洋医学を伝えに来ましたが、

その時持ち帰った物の中に江戸時代の浮世絵師葛飾北斎が西洋の技法を使って描いた

絵画が、6点あることが北斎研究で知られるライデン国立民族学博物館のマティ・

フォラーシニア研究員などのチームの研究で、濃厚であることが分かった。

師葛飾北斎

国立民族学博物館に展示している奇妙な人形

国立民族学博物館とシーボルトは密接な関係がある

国立民族学博物館だから絵画だけではなく珍しいオルゴールもあるよ

オランダのライデン国立民族学博物館で葛飾北斎の絵画6点が見つかる

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ