オリンピックレガシーの必要性とは!?

スポーツニュース

オリンピックレガシーの必要性とは!?

東京都で一番騒がれているのは、豊洲移転移転をどうするかですが、

最近はオリンピックにかけるお金のことも騒がれました。

オリンピックにお金がかかり過ぎだという事ですが、小池都知事が言う事が正論だ

と思います。組織委員会はいくら費用が掛かるかわからないと言っていますが、税

金を使うのによくそんなことが言えたなと個人的には思います。そこでオリンピッ

クレガシーも関連してくると思うので、レガシーについてまとめました。

オリンピックオリンピックレガシーとは何か

レガシーは近年国際オリンピック委員会(IOC)が最も力を入れているテーマの一つです。IOCの憲法ともいえるオリンピック憲章には次のように記されています。

「オリンピック競技大会のよい遺産(レガシー)を、開催都市ならびに開催国に残すことを推進する」(第1章「オリンピック・ムーブメントとその活動」第2項「IOCの使命と役割」)。

出典 http://www.mri.co.jp

2020年東京オリンピック・レガシー(2020ねん とうきょう オリンピック・レガシー)は、2020年に東京都を中心に開催される第32回夏季オリンピックおよび第16回パラリンピック競技大会後に残る有形無形のレガシー、すなわち「社会的遺産」(ソーシャル・キャピタル)・文化的財・環境財のこと。

出典 http://ja.wikipedia.org

五輪3競技場の建設中止も・・・“肝いり会議”提言へ

五輪の「遺産」を考えるセミナー

リオ五輪閉会式に着物で登場しオリンピック旗を振った日本の小池百合子 東京都知事とは?

北京ビーチバレー会場昔

北京ビーチバレー会場

北京ビーチバレー会場現状

北京ビーチバレー会場

アテネ球場現状

アテネ球場今
アテネ球場今

アテネ球場昔

アテネ球場昔
アテネ球場昔

アテネオリンピック現状

アテネオリンピック現状
アテネオリンピック現状
アテネオリンピック現状
アテネオリンピック現状

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を4年後に控えた今、オリンピックがその後の世の中に遺す“オリンピック・レガシー”について、議論されることが増えています。

英語のLEGACYとは、本来「遺産(後世に残るもの)」を意味し、ポジティブ・ネガティブいずれの意味も含むもの。しかし、2020年東京オリンピック・パラリンピックの“オリンピック・レガシー”については、新国立競技場建設をめぐる混乱や、巨額の税金投入に対する是非についてなど、ネガティブな文脈で語られることが多く、負のイメージがつきまとっていることが否めません。

出典 http://next.rikunabi.com

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ