最も総理に近い人加藤紘一氏が総理にならずに 死去!無念だったろうな!

政治・経済ニュース

最も総理に近い人加藤紘一氏が総理にならずに 死去!無念だったろうな!

加藤紘一氏が死去

自民幹事長や官房長官など歴任

肺炎のため都内の病院で亡くなっていた。1972年の衆議院選挙で初当選で後合計
13回当選しています。「宏池会のプリンス」として期待され、防衛庁長官や官房長官を歴任した。盟友の山崎元副総裁や小泉元総理と並んで「YKK」と呼ばれ総理大臣候補だった。

自民党の元衆議院議員で、官房長官や党の幹事長など、政府や党の要職を歴任した加藤紘一氏が9日、東京都内の病院で肺炎のため亡くなりました。77歳でした。加藤氏は、山形県鶴岡市出身で、東京大学を卒業後、外務省を経て、昭和47年の衆議院選挙で旧山形2区から立候補して初当選し、13回当選しました

出典 http://www3.nhk.or.jp

加藤紘一氏死去…政界のプリンス

加藤の乱、賄賂で失脚

いわゆる「加藤の乱」を起こし失敗に終わった。この乱は当時の内閣総理大臣だった森喜朗をおろすための乱だった。加藤紘一は名門派閥「宏池会」を宮沢喜一から引き継ぎ、政界のプリンスと言われ、首相に最も近いとされていた。しかし秘書や自分自身の賄賂等で政界を引退した。

98年には宏池会の流れを継いで派閥の会長に就き、「首相の座に一番近い男」と言われた。しかし、2000年に森内閣打倒を目指し、野党提出の内閣不信任決議案への賛成を明言。「加藤の乱」と言われたが、不発に終わり、加藤派は分裂して存在感は落ちた。

出典 http://mainichi.jp

元官房長官 加藤紘一死去

加藤紘一氏は77歳で肺炎のため死去した。山形県出身で旧山形2区から衆議院に立候補し当選した。「加藤の乱」の失敗では自分が責任を取ろうとしたが、自民党の破門を心配した加藤親衛隊が説得した。

東大卒業後、外務省に入省。1972年の衆院選で旧山形2区から初当選した。大平派(宏池会、現岸田派)に所属。大平正芳元首相の薫陶を受け、「宏池会のプリンス」と期待された。中曽根内閣で防衛庁長官として初入閣。91年、小泉純一郎元首相、山崎拓元党副総裁との間で「YKK」と称された盟友関係を結び、党内を牛耳っていた最大派閥の竹下派(経世会)に対抗した。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ