渡瀬恒彦さん ドラマを突然降板!!何があったのか!?

芸能ニュース

渡瀬恒彦さん ドラマを突然降板!!何があったのか!?

苦渋の十津川警部降板!

がん治療の渡瀬恒彦

「西村京太郎」サスペンス十津川警部(TBS)最新シリーズ「伊豆・下田殺人ルート」(仮題)が進んでいた。しかし、ここへきて渡瀬恒彦氏に胆のうがんが見つかった為に降板することに決まった。渡瀬恒彦(72)は1992年から合計54作品で戸津川警部を演じ続けてきた。「亀井警部補」役の伊東四朗との名コンビで、お茶の間に登場して人気を博し数々の事件を解決して来た。がんが見つかってからも病院に通いながら投薬と撮影を続けてきたが、このまま続けるのは無理のようである。残念な事であるが、治療に専念して又帰ってきてほしい。

伊豆半島の南部東側、白い砂浜と背後に迫る山に囲まれた下田の街。そこで、人気の2時間ドラマ『西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ』(TBS系)の最新作「伊豆・下田殺人ルート」(仮題)の撮影が進んでいる。

「十津川警部」といえば、渡瀬恒彦(72才)だ。1992年からおよそ四半世紀にわたって、これまで計54作品で演じ続けてきた。部下の「亀井警部補」役の伊東四朗(79才)との名コンビで、次回作もお茶の間に登場し、トラベルミステリーを解決していくはずだった。ところが、下田のロケに、渡瀬の姿はない。

出典 http://www.news-postseven.com

がん闘病にためドラマ主役降板

祈回復!

TBS西村京太郎サスペンス十津川警部シリーズ、渡瀬恒彦さんが十津川警部役を体調不良と病気治療で撮影スケジュールが合わないという事で主役を降板した。
亀井警部補役の伊東四朗さんとの名コンビで、1992年からおよそ4半世紀にわたって、これまで54作品に出演してきた。
昨年の夏から秋にかけて体調不良を訴えて、都内の総合病院に入院。
そのとき検査で胆のうに悪性の腫瘍が見つかったという。
半年ほど仕事を入れず、抗がん剤投与と放射線治療を受けた。しかし十津川警部最新シリーズの撮影と病院通い、抗がん剤投与は無理であるからという理由で降板をし、
内藤剛志が主役を受け継いだ。

俳優の渡瀬恒彦(71)が、がんと闘病中であることが25日分かった。スポニチ本紙の取材では、昨年の夏から秋にかけて体調不良を訴え、都内の病院に入院。検査の結果、胆のうに悪性の腫瘍が見つかった。レギュラーの主演ドラマを数多く持ち、久しく長期休暇を取っていなかった渡瀬は5カ月間、仕事を入れず、抗がん剤の投与と放射線治療を受けた。

出典 http://www.sponichi.co.jp

戸津川警部、がんで渡瀬恒彦さんが降板!!

後任は内藤剛志に決定!

伊豆半島の南西部東側、白い砂浜と背後に迫る山に囲まれた下田の街、そこで人気の2時間ドラマ「西村京太郎戸津川警部シリーズ」(TRS系)の最新作「伊豆・下田殺人ルート」(仮名)の撮影が進んでいる。
戸津川警部といえば渡瀬恒彦(72歳)だ。
1992年からやく四半世紀にわたって合計54作品を演じ続けてきた。
亀井警部補役の伊東四朗との名コンビで、次回作もお茶の間に登場してトラベルミステリーを解決していくはずだった。
ところが、下田のロケには渡瀬の姿はない!
胆のうがんだったのだ、しかも悪性の・・・!

伊豆半島の南部東側、白い砂浜と背後に迫る山に囲まれた下田の街。そこで、人気の2時間ドラマ『西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ』(TBS系)の最新作「伊豆・下田殺人ルート」(仮題)の撮影が進んでいる。
「十津川警部」といえば、渡瀬恒彦(72才)だ。1992年からおよそ四半世紀にわたって、これまで計54作品で演じ続けてきた。部下の「亀井警部補」役の伊東四朗(79才)との名コンビで、次回作もお茶の間に登場し、トラベルミステリーを解決していくはずだった。

出典 http://www.excite.co.jp

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ